カテゴリー別アーカイブ: プレスリリース

循環経済新聞(2016年8月22日)の本文です。

循環経済新聞(2016年8月22日)に記載の記事の原文になります。

リサイクル原料を含むプラスチック総合商社の弘英産業は、多層フィルムや複合フィルムのロス品、
容リパレットの粉砕物など主にサーマルリサイクルにまわしているものを再生利用してパレットを製造、
販売する事業を検討することになった。
国内の成形加工メーカーやリサイクル業者、ベトナムの現地法人などが持つ設備やノウハウ、ネットワークを生かす。
大石社長は「日本のリサイクル技術のレベルは高い。この設備とノウハウ再活用して、輸出や海外の需要家向け
の廉価なパレットを提案したい」と述べている。1984年の創業以来、プラスチック材料やプラスチック製品の製造プロデュース・販売、各種加工機などの
中古機械買取販売、海外事業の提案・コンサルティング、M&Aなどに事業を広げてきた。リサイクルも事業の
柱で、汎用樹脂からエンプラまでのリサイクル材料の買取販売、プラスチックリサイクル製品の
企画提案・販売を手がけている。
商社だけでなく、国内の日立工場とベトナム現地法人のコウエイベトナムが出資している合弁会社
「コウエイインダストリーズ」のビンズン工場で、コンパウンド加工やプラスチック成形品製造なども行っている。
同社の特徴は、成形加工メーカーやプラスチック容器包装を始めとするリサイクル会社からから買い取った中古機械
をそのノウハウと共に再度活用すること。2012年に設立したコウエイトダのビンズン工場はそのコンセプトで
つくられた。
ビンズン工場の現在の主力製品はプラスチックリサイクル材を使ったパレットとウッドデッキ。日本に向けて
廉価販売する一方で、ベトナムの日系企業などへの販売を強化している。

夏季休業日のお知らせ

弊社では下記の期間、夏季休業とさせていただきますので、ご案内申し上げます。

休業期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

夏季休業期間2016年8月13日(土)~2016年8月16日(火)

※8月17日(水)から平常どおり営業いたします。

合併公告

下記会社は合併して甲は乙の権利義務全部を継承して存続し乙は解散することにいたしました。
この合併に対し異議のある債権者は、本広告掲載の翌日から1箇月以内にお申し出ください。
なお、最終貸借対照表の開示状況は次のとおりです。
(甲)下記のとおりです。
(乙)計算書類の公告義務はありません。
平成二十七年十一月二十六日

東京都江東区三好四丁目六番二号弘英ビル四階
(甲)弘英産業株式会社 代表取締役 大石 将弘

埼玉県坂戸市大字紺屋八三六番地
(乙)有限会社関東化成工業 取締役 大石 将弘

kanpou20151126

ベトナムポリスチレン社のEPS、12月から本格輸入販売

2015年12月1日
報道関係各位

———————————————————-
弘英産業/ベトナムポリスチレン社のEPS
12月から本格輸入販売
———————————————————-

プラスチック総合商社の弘英産業㈱(本社・東京都江東区三好、大石将弘社長)は、ベトナムポリスチレン社が生産しているポリスチレン『VNPS』のEPS(発泡ポリスチレン)の本格輸入販売を12月から開始致します。これまで試験的な販売を行ってきたが、クライアントからの高評価を受け、営業品目に加え本格的に販売するもの。同社は販売量を2016年中に1、400㌧/年へと拡大し、VNPSのEPSを日本に定着させていく方針です。

EPSの日本での販売エリアは、GPPSと同じく北海道から九州まで。販売はコンテナ単位での取り扱いを基軸とし、コンテナ14㌧、22㌧(パレット付き)として単位契約での輸入販売を開始致します。荷姿は、紙袋、フレコンの2種類から提供可能。なお、将来的には小口発送にも対応していく見通しです。

———————————————–
●本件についてのお問い合わせ先
弘英産業株式会社 担当 大石/浅野
TEL:03-5620-3888 / FAX:03-5620-3877
E-mail: info@koei-ltd.co.jp
———————————————–
弘英産業株式会社ホームページ:http://www.koei-ltd.co.jp/
弘英産業株式会社「廃プラ買取.com」ホームページ:http://www.haipla-kaitori.com/